わたしたちの仲間を紹介します

とても堅いイメージのソフトウェア業界ですが、LinkSquareは学ぶことへの執着、自由な発想を大事にしている会社です。ソフトウェアを取り巻く技術は予想もつかないような変化を遂げ、この変化はこれから当たり前のように私たちの環境を変えていくのだと思います。企業がその変化に対応していくためには、新しい変化を柔軟に受け止め、砂漠のような吸収力が必要です。だからこそLinkSquareで働くスタッフは、自由な発想で変化を楽しむ未来(思考)人でありたいと考えています。

毎日が挑戦

システムディレクタ鉄本 卓也

異業種からの挑戦

前職はホテルに勤めていましたが一念発起して、かねてからの憧れであったIT業界に転職しました。学生時代は情報系の学部に在籍していましたが、当然のことながら始めはなかなかうまくいかず、挑戦と失敗の繰り返しでした。しかし、その経験が力となり現在の業務に役立っていると感じます。
失敗を恐れずに日々挑戦していき、未来の自分に繋げる。その転職当初の想いを忘れずに日々の業務に取り組んでいます。

知りたいことが増えていく

毎日の業務をこなしていくうちに新たな知識を得ていく点にこの仕事に対する面白みを感じますが、それだけではありません。その知識を得たことによって今まで見えていなかった分野・疑問点が見え、解決することで新たな知識を得る。そこから派生して、さらに見解を広げ、さらに新たな知識を得る。その繰り返しによって知識・見識をどんどん広げていく事が私の最大のモチベーションです。

頭の中だけにあるものが実現できた瞬間が一番の喜び

お客様の要望+αが目標

開発は基本的にお客様の要望をもとに設計・製造していきます。お客様の要望を実現することは必須ですが+αを考えて開発し、想像を超えるものを提供することが私の最大の目標です。
  開発者の目線だけでなくユーザとしての目線を忘れずに、「より便利に」「より快適に」を常に考えること、考え続けることがよりよい「モノづくり」につながると思い、仕事を進めています。

feat. TAKUYA Tetsumoto

プライベートでも挑戦

業務では物おじせず様々なことに挑戦していますがプライベートでも同様です。友人に「やってみたいスポーツがあるから行こう」「食べてみたいものがあるから行こう」と私自身も経験したことがない内容で遊びに誘われることが多々あります。
  そんな時も、やったことがないからと怯まずに誘いにのり、新たな体験を積み重ねています。そこから新たな趣味・楽しみを見つけ心身ともにリフレッシュすること。また、業務において新たな着想を得る事。そこに何事においても挑戦していく楽しみがあると感じます。

コーヒーが一番の楽しみ

私はコーヒーが好きで自宅でも布のフィルタを利用したネルドリップと呼ばれる方法でコーヒーを淹れて楽しんでいます。コーヒー豆の挽き方や蒸らす時間など様々な要因によって味が多様に変化するため、様々な淹れ方で楽しめます。
どんなに忙しくても家に帰れば美味しいコーヒーが飲めることが毎日の一番の楽しみです。悩みや、疲労が溜まっている時でもコーヒーを淹れている間は全てを忘れてリラックスできます。その習慣こそが私が仕事を楽しむための秘訣かもしれません。

お気軽にお問合せください

お問合せ