わたしたちの仲間を紹介します

とても堅いイメージのソフトウェア業界ですが、LinkSquareは学ぶことへの執着、自由な発想を大事にしている会社です。ソフトウェアを取り巻く技術は予想もつかないような変化を遂げ、この変化はこれから当たり前のように私たちの環境を変えていくのだと思います。企業がその変化に対応していくためには、新しい変化を柔軟に受け止め、砂漠のような吸収力が必要です。だからこそLinkSquareで働くスタッフは、自由な発想で変化を楽しむ未来(思考)人でありたいと考えています。

                  初心を忘れずに。

プログラマ三瓶 和紀

仕事でものを作るということ

IT業界と聞くとどのようなイメージを思い浮かべるでしょうか。私は一言で言ってしまえばものづくりの仕事だと考えています。プログラミングでものを作るというと難しく、固いイメージを持つ人も多いと思いますが基本はものを作るという意識、これが根本になると考えています。
しかし、私は大学からプログラミングに携わってきましたが、自分のためではない、誰かに求められるようなシステムを作成したことはありませんでした。品質や期限など、意識しなければならないことは多いと思います。このような大学で意識したことのない部分が、仕事では多く求められるためとても新鮮な気持ちで毎日業務に取り組んでいます。

伝える大切さ

「透明性の錯覚」という言葉をご存知でしょうか。この言葉の意味は、自分の考えていることが周りに伝わっている、周りに見透かされていると錯覚するという意味の心理学の言葉です。柔らかく言い換えると、自分が思っているほど自分の考えは周りに伝わっていないということです。
 業務に取り組む上で「報告」、「連絡」、「相談」は現在進めている作業のわからないところをはっきりさせることや、今後の予定や計画を考える上でとても大切なことになります。しかし自分が伝わったと思っていても相手にうまく伝わっていないような場合もあります。
しっかり伝えることで避けられる問題や円滑に進められる作業があると私は考えているため、日々伝えることの大切さを意識しながら過ごしています。

自分に勝つ。それがモチベーション。

失敗は成功のもと

「失敗は成功のもと」という言葉はよく耳にする言葉だと思います。一度失敗をするとその失敗は予測することができるようになります。私はよく失敗をしますが、失敗をした時は、「次は同じミスをしない」、「さっきしたミスはこうしていたら防げたから次はこうしよう」など、次同じような状況に対面した時にどういった行動を取るべきか、今後の対策を考えるようにしています。
失敗は「怖い」、「逃げたい」などネガティブな気持ちを生み出します。その気持ちを切り替えないとまた違うミスを引き起こす原因になる、パフォーマンスが落ちてしまうなどの可能性もあります。だからこそ楽しく、最高のパフォーマンスで仕事に取り組むためには、失敗を気にするよりも次にどう活かすかを考えることが大事だと考えています。

仕事のモチベーション

私は仕事をする上で、モチベーションがとても大事だと考えています。もちろん仕事のモチベーションというのはお客様の声やプロジェクトを終えた時の達成感など十人十色だと思います。
今の私のモチベーションが高くなる時というのは、自分の定めた目標を超えられた時です。例えば、計画よりも早く作業を終わらせることができただけでも、「もっと他のこともこうすれば早くできるのではないか」とやる気がどんどん出てきます。他にも、難しいと思っていたことができるようになったり、自分のできることが増えたと感じたりなど、自分が成長している、過去の自分に勝てたと実感するたびにモチベーションが高くなっていきます。
仕事を最大限に楽しむためにも、今の自分を分析することや新しいことに触れるというのは大事なことだと思います。この先経験を積んで行けば、今とは違うものがモチベーションなるかもしれません。そういう先の変化も楽しみに業務に取り組んでいます。

feat. Kazuki Sanpe

健康が一番大事

私が仕事をするようになり気をつけなければならないと思ったことが、健康についてです。体調を崩してしまうと仕事も私生活も質が下がってしまいます。そうならないために食事や睡眠には少し気を使うようになりました。
 私は趣味で栄養や身体について勉強をしているのですが、睡眠をしっかり取ることやストレスを溜めないこと、体が疲れにくい食事を心がけるなど私生活でできることがたくさんありました。コンディションが悪く、自分の成長のチャンスを逃してしまうということがこれから先あるかもしれません。そういった機会を作らないためにも、健康な体があって初めて仕事ができているという意識を持って、楽しく元気に業務に取り組みたいと思っています。

何事もメリハリをつけて!

私は休日など時間がある時は景色を楽しめるような場所に足を運んでいます。特に自然の景色が楽しめる場所にいくことが多いです。
 この業界で仕事をする上でやはりパソコンのモニターを見ている時間というのは多くなります。目を休ませるという意味もあり、時間がある時はできる限り人工の光ではなく自然の光を見るようにしています。
 休日に満足のいく過ごし方ができると気持ちがリフレッシュされて、全力で仕事に取り組むことができるようになります。メリハリをつけて休むときは休む、仕事する時は全力で仕事するといったような生活は、毎日が新鮮に感じて、私はとても好きです。平日の仕事も楽しみながら、休日も思い切り羽を伸ばして、活き活きとした生活をこれからも送っていければいいなと思っています。

お気軽にお問合せください

お問合せ