わたしたちの仲間を紹介します

とても堅いイメージのソフトウェア業界ですが、LinkSquareは学ぶことへの執着、自由な発想を大事にしている会社です。ソフトウェアを取り巻く技術は予想もつかないような変化を遂げ、この変化はこれから当たり前のように私たちの環境を変えていくのだと思います。企業がその変化に対応していくためには、新しい変化を柔軟に受け止め、砂漠のような吸収力が必要です。だからこそLinkSquareで働くスタッフは、自由な発想で変化を楽しむ未来(思考)人でありたいと考えています。

お客様要望への「プラスアルファ」が喜ばれたとき、この仕事をやってて良かったと思う瞬間です。

TETSUYA SUGAWARA

システムディレクタ菅原 哲也

モチベーションが上がるとき

巷では長時間労働や激務のイメージが強いですが、実際はプロジェクトによって様々です。
ただ場合によっては残業や休日出勤など通常勤務とは異なる時間で勤務をすることがあります。
例えば、お客様から深夜時間帯での勤務を依頼されるような場合などは、
お客様からの評価を得る「チャンス」と考え、快く引き受けることを意識しています。
そんなときは、もちろんですが、モチベーションも高く最大限のパフォーマンスで業務を遂行できるよう努めています。

喜びに満たされるとき

IT技術は日進月歩であり、新技術が常に開発されてきています。
新技術を取り入れての開発は難しい面も多くあります。
例えば何かを実現する際に、この技術で実現する場合、「どうすればできるのだろう?」と躓くことも多々あります。
web上で情報収集しても外国語のwebサイトだったりと、ハードルをいくつも越えなければいけなかったりします。
そのハードルを越えた分だけ、実現できたときの喜びもひとしおです。

どれだけ良質なプラスアルファを提案できるのか、常に意識しています。

論理的思考が必要

どんな職業でも要求スキルがあると思います。
IT業界に携わるエンジニアにとって、要求される一番のスキルは何か?と問われたら、「論理的思考」だと私は答えます。
論理的に物事を考えることは、物事を分解するのに役立ちます。
お客様の業務を分解し、問題点を洗い出し、それに対するソリューションを提案する。
これをいかにスマートにできるか?を追求しています。
これ以外にも様々な局面で「論理的思考」を求められるので、日々鍛錬です。

伝えることの大切さ

システム開発は一人で全てをすることは少ないです。
開発には数多の人が携わります。
全員でひとつのゴールに向かって進むためには、「コミュニケーション」を取ることが重要です。
その中でも、特に言葉には気を遣っています。
論理的な内容の会話ではどうしても冷たい、硬質的な印象になってしまい、
本来伝えたいことが伝わらない、意図しない伝わり方になってしまうこともあります。
そうならないための言葉を選びつつ、「伝える」を意識しています。

feat. TETSUYA Sugawara

疲れたときは温泉

長時間パソコンと向き合っての業務というイメージですが、
業務内容によっては、あっちこっちと様々な人のいるところへ移動しっぱなしの日もあります。
同じフロアにしかいないのに、歩数でみたら1万歩オーバーでびっくりという日もあります。
こんな日々の業務の疲れを取るには、やっぱり温泉です。
宮城県内もしくは隣県には様々な温泉地があり、泉質も様々です。
のんびり温泉に入りながら、日々の疲れを癒すのは自分にとって最高の時間です。

速読に興味があります

最近は、速読に興味があります。
短時間で書籍を読むことができるようになるなんて、夢のような話だと思います。
もし、できるようになったなら、業務効率向上、知見を広げたり深めたりと多大な恩恵を享受できると。
書店などでは、その能力を開発するためのトレーニング本なども多数出版されているようなので、何か一冊購入して、チャレンジしてみようかと思っています。
おすすめの書籍などあれば、誰か教えてください。

お気軽にお問合せください

お問合せ